誉の日記的物語

日記がてら書きたい事を好き勝手に書いています。 小説を書いており面白い小説がかけるようになりたいと、構成などはちゃめちゃですが書いてます。 読んで頂けると嬉しいです。どんな事でも意見貰えると助かります。

落とし穴それはあらすじ

あらすじって何。

ストーリーから骨子だけを残して荒く書いた筋…それが難しいのですよ。

意味は理解できるのだけれど、プロットと同じ様に解釈してしまって先に進まないのだ。

 

どうしたもんか…

 

小説の中身だけを書いてもあらすじが無ければメニューが無いお店に入るようなものだと表現されている一文が自分の目の前をかすめる…

しかし、次の工程は流れて気にあらすじを書く所に居る。

 

書き終わってから書くの方がやり易いようななんともいえないあれなやつ。

 

ブログに投稿するならそれでも良いかと妥協、甘えがふわふわと目の前で宙を舞っております。

 

これを書いていて思いました。

考えて手が止まるぐらいなら書きながらではだめなのか?それだと途中で破綻するのか?

でも、2つ書いた物はプロットさえ無かったが?

 

という事で手を動かそう。

書く事でまた道が見える。道が決まったのならわざわざ記事にする事でもないのでは?投稿しなくても?と書きながら思ったがここまで書いたのでという貧乏性が顔を出したので。

 

文字に迷い文字に答えを求め、やはり文字が答えをくれる。文字は素晴らしい。